「発達及び知的障碍児・者を支援する会」特定非営利活動法人 はぁもにぃ(ふらっと)
 
はぁもにぃで働くスタッフ達の結構セキララな?つぶやき・活動報告です♪
http://npo516npo521.mad.buttobi.net/
 


Show by Apr/2013

3月23日(土)「春の和&輪~き・み・と~」を終えて

イベント直前になると・・・「誰?これ企画したの??」(って私ですが(^^ゞ)
沈着冷静とは程遠いタイプの為焦りまくり、前日になると必ずこんな愚痴が
でてしまいますが・・・

終わった後は「楽しかった~!次はいつにする?」と学習しません(^^ゞ(^^ゞ

1月に開催した「うまれる」上映会と同じく、今回も一応予約制なんですが、
当日ふらっとお越しくださったお客様も多く、予想していた参加者数より
たくさんのお客様がお見えになり、忙しかったものの、にぎやかでとても
楽しいイベントとなりました。

講師の皆様、出演者の皆様の素晴らしいパフォーマンスのおかげで
まさに私たちが目指した「体験参加型イベント!!」実現させることが
出来ました!!

本当にありがとうございます(^^)

デイサービス利用児童達、就労継続利用者さん達、そらの青年さん達、
そしてボランティアを引き受けてくれたはぁもにぃスタッフのお子さん(
高校生達)、貴重な戦力として活躍してくれてありがとう!

そして各イベントでの参加姿勢素晴らしかったです(涙)
終わった後、一人一人「楽しかった~!」と言ってくれたことが
何より嬉しかったです(^^)

そしていらしてくださったたくさんのお客様!温かく見守ってくださり
ありがとうございました!
どのイベントもどのブースもすごくいい雰囲気と空気感で、春の一日を
無事終えることができました(^^)

ご参加くださった全ての皆様に心より感謝です♪

「半径20㎞圏内からの真のノーマライゼーション社会
(それぞれの違いを認め合い、支え合い、補い合い、自然な
笑顔で過ごすことのできる地域コミュニティ)の構築を
目指して、これからも活動を続けていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

「発達及び知的障碍児・者を支援する会」
特定非営利活動法人はぁもにぃ
理事長 長浜 光子



Mar.24.2013(Sun)16:33 | Trackback(0) | Comment(0) | すいか | Admin

一から百まで

発達障碍特性を持つ二人の子どもを育てる中

知的に遅れのない・・・というよりむしろ高い
上の子の方が、この社会の中で生きていく時
圧倒的に不利だなぁと感じることが多々あり
ました。

どちらも自分の興味・関心のあることに対して
のみ、驚くほどの集中力&熱意を持って接し
ますが、それ以外のことについてはことごとく
スルー。

結果、一般の人達であれば成長過程において
特に教えなくても、いつの間にか身について
いること(いわゆる一般常識というものが
多く該当しますが、中には『え~っ!そこまで
??」と驚くほど私たちにとって当たり前すぎる
・・・もう「2~3歳の子どもでもそれくらい
知ってるよ!」ってことまで、知らなかったり
身についてなかったりします。


なのでどういうことが起こるかというと・・・
知的障碍もある下の娘の場合だと
「わかならくても、知らなくても当たり前だよ。
一つ一つ理解していけば、学んでいけばいいからね。」
と優しく丁寧な対応をしてもらえますが、

これがIQ140超の上の息子の場合

「ふざけてるの?考えればわかることでしょ!
なんでそんなに常識がないの?」

さらに「わからないことがあれば聞けばよい」
ってことまで思い至らない・・・ってかそもそも
発想になかったりするので、聞かずに自分の中で
色々考えを巡らせ、やった行為が
「え~??」って呆れてしまうほど的外れというか
不適切だったりして、もうその時点で
相手(親、先生、上司、同僚、友人、知人、他人)


なんていうか・・・不憫です・・・

でも、相手の方のことも責められない・・・

そこまで違うとは思わないですもんね。

世の中にはそういう発達が凸凹で、その凸凹
具合が想像を絶するほどすごい人達がいる
なんて、大多数の人がそれに該当しないわけ
だから、知識なくしてわかれという方が
無理というもの。

「あれが出来ればこれも出来る」
がほとんどで
「あれが出来るのにこれは出来ない」
の降り幅が多いほど、
それを理解出来る人の方が少ないと思います。

でも、いるんです・・・

さて小ネタでよくする息子が小学生の
頃の典型例。

ある日夕食を食べ終わった息子に
「自分で使ったお皿は下げてきなさい。」
というと
「は~い」
といって文字通りお皿だけを下げてきました。

「他の食器は?」
と聞くと
「だってママお皿を下げてきなさいって
言ったじゃん。」

確かにね・・・

しかしそこのところ少しも疑問に思わなかった
のか・・・?
つい最近この時のことを聞いてみたら
「いやさすがにお茶碗やコップはどうするんだろう
?下げなくてもいいのかなと思ったけど、お皿と
しか言われなかったから、お茶碗やコップはこれ
から使うんだろうなと判断して、言われた通りに
した」

自分なりに考えてたのね・・・

そしてわからないなら聞くという発想は
教えられてない(反省!!)ので
なかったそう・・・

IQ140超という上位2パーセントの頭脳。
例えば数学(この時は算数か)で驚くほどの
難問を出されても、ひと目見た程度で即座に
正解が出せる頭脳を持ちわせていても
これです・・・

「だってほとんどが自分にとって興味がない
ことで、生きていく上でこの社会の常識を
身につけることが必要っていわれて、一応
入れる努力はしても入んないんだもん」

ホントどこまでも自分の欲求にのみ忠実・・・
そしてこれもまさしく特性なんだよなぁ。



Mar.22.2013(Fri)23:59 | Trackback(0) | Comment(0) | すいか | Admin

一から百まで

発達障碍特性を持つ二人の子どもを育てる中

知的に遅れのない・・・というよりむしろ高い
上の子の方が、この社会の中で生きていく時
圧倒的に不利だなぁと感じることが多々あり
ました。

どちらも自分の興味・関心のあることに対して
のみ、驚くほどの集中力&熱意を持って接し
ますが、それ以外のことについてはことごとく
スルー。

結果、一般の人達であれば成長過程において
特に教えなくても、いつの間にか身について
いること(いわゆる一般常識というものが
多く該当しますが、中には『え~っ!そこまで
??」と驚くほど私たちにとって当たり前すぎる
・・・もう「2~3歳の子どもでもそれくらい
知ってるよ!」ってことまで、知らなかったり
身についてなかったりします。


なのでどういうことが起こるかというと・・・
知的障碍もある下の娘の場合だと
「わかならくても、知らなくても当たり前だよ。
一つ一つ理解していけば、学んでいけばいいからね。」
と優しく丁寧な対応をしてもらえますが、

これがIQ140超の上の息子の場合

「ふざけてるの?考えればわかることでしょ!
なんでそんなに常識がないの?」

さらに「わからないことがあれば聞けばよい」
ってことまで思い至らない・・・ってかそもそも
発想になかったりするので、聞かずに自分の中で
色々考えを巡らせ、やった行為が
「え~??」って呆れてしまうほど的外れというか
不適切だったりして、もうその時点で
相手(親、先生、上司、同僚、友人、知人、他人)


なんていうか・・・不憫です・・・

でも、相手の方のことも責められない・・・

そこまで違うとは思わないですもんね。

世の中にはそういう発達が凸凹で、その凸凹
具合が想像を絶するほどすごい人達がいる
なんて、大多数の人がそれに該当しないわけ
だから、知識なくしてわかれという方が
無理というもの。

「あれが出来ればこれも出来るだろう」
がほとんどで
「あれが出来るのにこれは出来ない」
の降り幅が多いほど、
それを理解出来る人の方が少ないと思います。

でも、いるんです・・・

さて小ネタでよくする息子が小学生の
頃の典型例。

ある日夕食を食べ終わった息子に
「自分で使ったお皿は下げてきなさい。」
というと
「は~い」
といって文字通りお皿だけを下げてきました。

「他の食器は?」
と聞くと
「だってママお皿を下げてきなさいって
言ったじゃん。」

確かにね・・・

しかしそこのところ少しも疑問に思わなかった
のか・・・?
つい最近この時のことを聞いてみたら
「いやさすがにお茶碗やコップはどうするんだろう
?下げなくてもいいのかなと思ったけど、お皿と
しか言われなかったから、お茶碗やコップはこれ
から使うんだろうなと判断して、言われた通りに
した」

自分なりに考えてたのね・・・

そしてわからないなら聞くという発想は
教えられてない(反省!!)ので
なかったそう・・・

IQ140超という上位2パーセントの頭脳。
例えば数学(この時は算数か)で驚くほどの
難問を出されても、ひと目見た程度で即座に
正解が出せる頭脳を持ちわせていても
これです・・・

「だってほとんどが自分にとって興味がない
ことで、生きていく上でこの社会の常識を
身につけることが必要っていわれて、一応
入れる努力はしても入んないんだもん」

ホントどこまでも自分の欲求にのみ忠実・・・
そしてこれもまさしく特性なんですよね。



Mar.22.2013(Fri)23:56 | Trackback(0) | Comment(0) | すいか | Admin

明日は世界ダウン症の日。




明日21日は世界ダウン症の日。
来月2日は世界自閉症啓発デー。

世界一のギフト

発達障碍の特性を持つ二人の子ども達が
私のもとに生まれてきてくれたからこそ
始まった新たな人生は私を豊かにして
くれたけど、子ども達はどうだったんだろう・・・

思いを伝えることが出来なくて、変化に耐えられなくて
パニックを起こし泣き叫び続ける娘を見て、フリーズする
息子を見て、私にとってこの子達の親になれたことが
どれほどの恵であっても、この子達はどうなんろう?

私が産まなければ、こんな苦しみを味わうことなく
済んだんじゃないろうか?

そんな時娘の担任教諭から聞かされた
「皆さんのお子さんは障碍という困難な特性を
『誰も引き受けないなら僕が(私が)引き受けます』
そう名乗りを上げ生まれてきてくれた素晴らしい
お子さん達なんですよ。」

この子達がそれ(障碍)を肯定して生まれてきたのであれば
私もそれ(障碍)を肯定して生きていこう。

それ(障碍)も子ども達の大事なidentityの一つで、切り離せ
ないものなんだ。

そこに幸不幸、是非や優劣はなくて、人それぞれただ違いを持って
生まれてきただけで、その違いはどんな違いであれ、それも含めて
その人であり、肯定され尊重されるものなんだ。

我が子だけでなく、障碍を持って生まれてきた子ども達と接する
度にそのことを実感します。

ミモさん、心に染みいる歌詞と素敵な歌声をありがとう♪
いつかはぁもにぃのイベントでミモさんに歌って頂けることを
ミモさんと可愛いお嬢さんにお目にかかれることを
心から願っています(#^.^#)



Mar.20.2013(Wed)23:26 | Trackback(0) | Comment(0) | すいか | Admin

3月23日(土)開催「春の和&輪~き・み・と~」

「発達及び知的障碍児・者を支援する会」特定非営利活動法人はぁもにぃ
&NPO法人青年塾そら合同イベント


就労継続支援はぁもにぃ(就労継続支援A型)オープンを
記念し、同ビル1階のコミュニティサロンそらと一緒に
どの世代の皆様にも楽しく参加して頂けるような
イベントを企画致しました!「春の和&輪」をテーマに
一日楽しく過ごしていただけるようお待ちしして
おりますのでご家族揃って、是非お越しください。

10:00~11:30
障害者年金スペシャリスト社会保険労務士
各務尚さんの障害者年金講座
みんなの場所(2階) 参加費:無料

13:00~14:00
ふろしき王子
横山功さんのふろしき講座
みんなの場所(2階) 参加費:500円

14;15~15:15
ユニバーサル&バリアフリーな楽器
ヘルマンハープコンサート
みんなの場所(2階) 参加費:無料

15:45~16:45
ヘルパー2級の資格を持つ落語家
柳家花いちさんの落語
みんなの場所(2階) 参加費:1000円

10:00~17:00
しんくやくしょモノレールinTOKE
長嶋柊 作品展
コミュニティサロンそら(1階) 入場無料

12:30~15:00
はぁもにぃお花の先生
後藤彩子さんのフラワーアレンジメント教室
食堂&事務所(2階) 参加費:500円


12:30~15:00
ZENBONSAI作家
一橋香織さんのお香教室
食堂&事務所(2階) 参加費:500円

※美味しいランチ&スイーツもご用意しております。
当日はCommunity cafe♭のランチ、コミュニティサロン「そら」
のドリンク&サンドイッチ、3時の河野孝志さんのおやつも販売して
おります。

ランチ700円
スイーツ700円

ランチ&スイーツ1500円


※今回は各コーナーごと事前予約とさせて頂きます。
コーナーごとに定員が決まっておりますのでご予約は先着順とし、定員に達した時点で締め切りとさせて頂きますのでお早めにお申し込みください。



Mar.12.2013(Tue)21:02 | Trackback(0) | Comment(0) | すいか | Admin


(1/2page)
>1< 2 End