「発達及び知的障碍児・者を支援する会」特定非営利活動法人 はぁもにぃ(ふらっと)
 
はぁもにぃで働くスタッフ達の結構セキララな?つぶやき・活動報告です♪
http://npo516npo521.mad.buttobi.net/
 


一から百まで

発達障碍特性を持つ二人の子どもを育てる中

知的に遅れのない・・・というよりむしろ高い
上の子の方が、この社会の中で生きていく時
圧倒的に不利だなぁと感じることが多々あり
ました。

どちらも自分の興味・関心のあることに対して
のみ、驚くほどの集中力&熱意を持って接し
ますが、それ以外のことについてはことごとく
スルー。

結果、一般の人達であれば成長過程において
特に教えなくても、いつの間にか身について
いること(いわゆる一般常識というものが
多く該当しますが、中には『え~っ!そこまで
??」と驚くほど私たちにとって当たり前すぎる
・・・もう「2~3歳の子どもでもそれくらい
知ってるよ!」ってことまで、知らなかったり
身についてなかったりします。


なのでどういうことが起こるかというと・・・
知的障碍もある下の娘の場合だと
「わかならくても、知らなくても当たり前だよ。
一つ一つ理解していけば、学んでいけばいいからね。」
と優しく丁寧な対応をしてもらえますが、

これがIQ140超の上の息子の場合

「ふざけてるの?考えればわかることでしょ!
なんでそんなに常識がないの?」

さらに「わからないことがあれば聞けばよい」
ってことまで思い至らない・・・ってかそもそも
発想になかったりするので、聞かずに自分の中で
色々考えを巡らせ、やった行為が
「え~??」って呆れてしまうほど的外れというか
不適切だったりして、もうその時点で
相手(親、先生、上司、同僚、友人、知人、他人)


なんていうか・・・不憫です・・・

でも、相手の方のことも責められない・・・

そこまで違うとは思わないですもんね。

世の中にはそういう発達が凸凹で、その凸凹
具合が想像を絶するほどすごい人達がいる
なんて、大多数の人がそれに該当しないわけ
だから、知識なくしてわかれという方が
無理というもの。

「あれが出来ればこれも出来る」
がほとんどで
「あれが出来るのにこれは出来ない」
の降り幅が多いほど、
それを理解出来る人の方が少ないと思います。

でも、いるんです・・・

さて小ネタでよくする息子が小学生の
頃の典型例。

ある日夕食を食べ終わった息子に
「自分で使ったお皿は下げてきなさい。」
というと
「は~い」
といって文字通りお皿だけを下げてきました。

「他の食器は?」
と聞くと
「だってママお皿を下げてきなさいって
言ったじゃん。」

確かにね・・・

しかしそこのところ少しも疑問に思わなかった
のか・・・?
つい最近この時のことを聞いてみたら
「いやさすがにお茶碗やコップはどうするんだろう
?下げなくてもいいのかなと思ったけど、お皿と
しか言われなかったから、お茶碗やコップはこれ
から使うんだろうなと判断して、言われた通りに
した」

自分なりに考えてたのね・・・

そしてわからないなら聞くという発想は
教えられてない(反省!!)ので
なかったそう・・・

IQ140超という上位2パーセントの頭脳。
例えば数学(この時は算数か)で驚くほどの
難問を出されても、ひと目見た程度で即座に
正解が出せる頭脳を持ちわせていても
これです・・・

「だってほとんどが自分にとって興味がない
ことで、生きていく上でこの社会の常識を
身につけることが必要っていわれて、一応
入れる努力はしても入んないんだもん」

ホントどこまでも自分の欲求にのみ忠実・・・
そしてこれもまさしく特性なんだよなぁ。



Mar.22.2013(Fri)23:59 | Trackback(0) | Comment(0) | すいか | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)